Intel」カテゴリーアーカイブ

DevCloudでOneAPIを使ってみる

IntelがCPUでもGPUでもFPGAでも同じようにプログラミングできるOneAPIをはじめる、DevCloudで試すことができる、という話を聞いたのでためしてみました。

説明書は https://github.com/intel/FPGA-Devcloud にあるのですが、若干手順が分かりづらかったのでメモです。

続きを読む

Intel PAC向けに既存のstpファイルを埋め込む

Intel PACの動作を波形レベルでデバッグしたい場合、mmlinkを使ってデバッグすることができます。新しくstpファイルを作成する場合、Intel PACにSignal Tapを仕込むの手順でデバッグ可能なFPGA用ビットファイルを作ることができます。

ですが、stpファイルと設定済のafu_synth_setup向けファイルが存在している場合に、

$ afu_synth_setup --source hw/rtl/filelist.txt  build_synth
$ cd build_synth/
$ {OPAE_PLATFORM_ROOT}/bin/run.sh

とゼロからビルドすると、うまくデバッグ可能なFPGA用ビットファイルを生成することができませんでした。毎回stpファイルをSignal Tap Logic Analyzerで作成しデザインに組み込むのは面倒なので、回避策が欲しいところ。というわけで、以下が回避方法です。

続きを読む

Intel PACにSignal Tapを仕込む

Intel PACはmmlinkを使って、あたかも実機とJTAGと接続しているようにSignal Tapで信号の変化を観察してデバッグできます。
Accelerator Functional Unit Developer’s Guide for Intel(R) FPGA Programmable Acceleration Cardの6. AFU In-System Debugを見ながら作業すればよい、のですが、環境によるパラメタの設定が若干わかりづらかったので、hello_afuにSignal Tapを仕込む場合の実例を紹介します。
信号見えるまでは、何が悪いのか分からず不安ですから…

続きを読む

Intel PACのAFUを開発する その2

hello_afuより少し複雑なサンプルとしてDMAを使ったサンプルに手をいれてみることにします.DMAを使ったサンプルはユーザロジックがQsysを使ってデザインされています.そこで,今回はQsys上に新しいコンポーネントを追加する開発フローを試してみます.

続きを読む

Intel PACのAFUを開発する その1

Intel PACでは,PCIeやオンボード上のメモリなどへのアクセスがBlue bitとして提供されていて開発者はGreen bitのみの設計に注力して,アクセラレータであるAFU(Application Function Unit)を開発できるようになっています.とっても便利なのですが,その反面,想定される開発フローに乗っかれるまでは,何をどうしたものかという状態に陥ってしまいます.

まずは,hello_afuにレジスタを追加することで,独自回路をPACで動かすまでの手法を確認します.なお,本来の開発ではシミュレーションを有効に活用すべきですが,ここではシミュレータは使いません.

続きを読む